フォークリフトのレンタル、中古販売・買取、修理・点検ならピー・シー・エス

▶ 営業所一覧

ピー・シー・エス株式会社

フォークリフトのことなら何でも

0120-41-4ォー983さん

PCS中古フォークリフト分割らくらくリースプランとは

PCS中古フォークリフト分割らくらくリースプランとは

分割らくらくリースプランなら初期費用 0円!

中古フォークリフト分割らくらくリースプランとは、乗用車のリース購入同様に、毎月のリース料を支払うことで車両を使用できるサービスです。購入が「資産」であるのに対し、リースは「経費」として処理できるなど、多くのメリットがあります。導入費用を削減し、毎月の費用を一定額に安定化させます。1台でも複数台でもOK。
また、お支払い期間の選択や納車費用も分割化することができ、お客さまのご要望に合わせて設定することができるのも、中古フォークリフト分割らくらくリースプランの大きな魅力です。
車両本体価格に加え、期間内の特定自主検査費用を含むため、維持管理業務の一部もお任せいただき、管理のスリム化を行うことができます。

分割らくらくリースプランのしくみ


車両本体価格から残価※2を差し引いた額その他諸費用を足した総額リース月数で割った金額が月々リース料となります。
そのためお支払いは月々一定額で、導入コストを大幅に抑えることができます。

※1 車両の経年数により、リース期間が制限される場合がございます。
※2 車体本体価格の5%

分割らくらくリースプランのメリット

財務上のメリット

中古フォークリフトの購入資金を効果的に運用できます。
リースなら、まとまった購入資金がいりませんので、その資金を運転資金として活用できます。
リース料は毎月定額でお支払いいただくだけですから、無理のない資金計画が立てられます。
また、付属購入品や納車諸費用などの一時的な資金もリース料に含むことができます。剰余資金を運転資金として有効に活用できます。
投資を受けたのと同じ効果が得られます。
銀行借入れ時に必要となる担保物件の差し入れなどがいりませんので、銀行借入れ枠を温存することができます。

経理上のメリット

リース料は経費として損金処理できます。
リース料は、税法上で必要経費(損金)として認められています。そのため毎月のリース料は経理上、損金処理ができますので、車両購入と比べると効果的な節税が見込めます。
※リース会計基準改正により、リース資産計上が必要な場合もあります。詳しくはお客さまの会計士もしくは税理士にご相談ください。

管理上のメリット

車両の安全性の維持・向上に貢献できます。
分割らくらくリースプランの場合、車両の保守サービスを三菱オートリース株式会社がお引き受けいたしますので、より安全に、より効率よく運行することができます。

ビジネス面のメリット

契約満了時に「買取」の選択ができるため、ビジネスの変化に柔軟に対応できます。
契約終了時に車両の買取を行うかどうかを、契約満了時の状況に合わせて柔軟に選択できます。設定残価を支払うことで買取するのか、設定残価を支払わずに契約満了時に引き払うのかを自由にお選びいただけ、お客さまのビジネスを安心・快適にサポートいたします。

購入との違い

  リースの場合 購入の場合
車両代の支払い リース料として毎月定額支払い まとまった購入資金が必用
所有権 なし あり
使用者 お客さま お客さま
減価償却 不要 必用(法定対応年数等)
固定資産税等 不要 必要
経費処理 全額経費処理 場合により固定資産の経費処理
特定自主検査費用 リース料に含まれる その都度一時的に支出
終了時 買取もしくは車両返却が選択可能 売却・資産の除去
キャッシュフロー 分割支払い 一括支払い

お申込みの流れ

Step 1お見積り
ご希望の車両、納車費用を含めるかどうか、リース期間などに基づき、リース料のお見積り書を提出させていただきます。
Step 2お申込み・審査
お見積り内容に同意いただけましたら、お申込みいただいた内容に基づき、審査が行われます。
※審査の結果、お受けできない場合もございます。
Step 3ご契約
リース条件の確認後、リース契約を締結します。登録手続きに必要な書類をご準備していただきます。
Step 4登録・納車
ご契約後、車両の登録手続き、納車を行います。

リース開始
リース契約の開始・月々リース料のお支払い