みなさま、フォークリフトの調子はいかがでしょうか?
今回のブログは、フォークリフトをレンタルで使用していただいているお客様から「フォークリフトのエンジンがかからない」とご連絡をいただき、点検・修理を行なった事についてお話ししたいと思います。

燃料への水の混入トラブル

お客様から「フォークリフトに燃料を入れたら、エンジンの調子が悪くかからなくなった。」「保管していた燃料に水が混ざっていたようで、そのまま入れてしまったかもしれない。」というのお問い合わせをいただきました。

02-7FD25

少量の混入なら水抜きドレンから

早急に現場へお伺いし状況を確認したところ、やはり燃料に水が入ってしまった可能性が高いため、燃料系統を点検することとなりました。
フォークリフトには、フューエル(燃料)フィルターが装着されています。
fuel-drain-plug

この車種のフューエルフィルターは、エア抜きポンプと水抜のドレンが付いています。

燃料に水が入ってしまった場合、少しの水の量であれば、水抜ドレンから燃料を出していけば、不具合が解消する場合があります
この作業だけで不具合が解消出来たら、それほど時間がかからないので、お仕事への影響も最小限にとどめられます。

大量の混入なら抜き取りや清掃、部品交換も

ですが・・・それでも解消しない!という時は、大量の水が燃料と混ざってしまっている状態が考えられます
fuel-filter
そのような時は、
・フューエルタンク内の清掃
 (燃料の抜き取り)
・フューエルフィルターの交換
・フューエルサブフィルターの清掃or交換
 (燃料系統にゴミや水が入っていないかを、目視できるためピー・シー・エスのレンタル車両にはサブフィルターを装着しています。)
・フューエルポンプの水抜き
・パイプ、ホース内の清掃
などの作業を行ないます。
water-in-fuel
時間がかかりますので、お仕事に支障も出てきてしまいます・・・(T0T)

燃料の保管に気をつけて水の混入を防ぐ

今回のフォークリフトの不具合は、屋外に保管している燃料用のドラム缶から燃料の注入作業したことが原因でした。
ドラム缶が雨ざらしの状態になっており、燃料を吸い上げるポンプなどのドラム缶への差込口の密閉不足により雨水が入ってしまったと考えられます。

fuel-storage

現場だとなかなか難しいかもしれませんが…
屋内、屋根の下などで燃料を保管する
燃料の定期便を利用し、なるべくドラム缶で保管を行わない
などの対策をしていただければ、このような不具合は防げると思います。

梅雨時期は保管燃料の雨混入対策を入念に

お仕事が長時間ストップすると大変ですよね!!
これから梅雨の時期になりますので、みなさま、雨対策をお願いいたしますm(_ _)m

ピー・シー・エスでは、フォークリフトのレンタル・点検・修理・中古車販売を行なっており、プロのスタッフ対応いたします。

何かフォークリフトのことでお困りのことがありましたらご連絡をお待ちしておりますm(_ _)m
maintenance_banner

ピーシーエス株式会社 埼玉営業所 瀬川正幸 今回のブログは、埼玉営業所サービス瀬川がお届けしました。

» その他のフォークリフト点検修理の記事を見る
» その他の埼玉営業所の記事を見る