今回のブログはフォークリフトの「サヤフォークの取付け」についてお話をしたいと思います。

「サヤフォーク」ってご存じでしょうか(・・?
例えばトラックの奥のほうにある荷物を取らないといけないときや急に大きな荷物を運ばないといけなくなったときにツメにかぶせて長さを延長することができる優れものがサヤフォークです。

サヤフォークは着脱も簡単でとても便利なアイテムですが、安全のために毎回きちんと取り付け・取り外しを行うよう徹底してください
ピーシーエスでもレンタルから返却されたものの点検を行うと、ゾッとする使用をされていたことをうかがわせるものが稀にあります。

不適切なサヤフォーク固定、サヤピントラブル事例

loose-extention-pin-nut
damaged-screw-thread
bent-bolts
improper-fixing01
improper-fixing03

サヤピンが適切に締め付けされていないと、フォークリフトのマストを上昇させた時の振動や荷物を取る時の振動などによって変形してしまいます。
また砂など噛み、ネジ山部分をかじってしまうときちんとナットを締め付けられなくなってしまいます。
ゆるんだサヤピンの使用はサヤフォークの差し込み穴の広がりをまねき、サヤフォーク自体が壊れてしまいます。
またサヤピンが曲がり、抜けなくなってしまうとサヤフォークの交換が困難になってしまいます。

一番に言いたいのは・・・
サヤピンをきちんと取り付けずに、フォークリフトのマストを上昇させていった際、何かの拍子でサヤフォークが落下してしまう危険があるということです!!!
上から鉄の塊が・・・( ゚Д゚) 想像するだけで鳥肌が立ちます!!!
サヤフォークは長さにもよりますが、1本30キロぐらいはあります。
落ちてきたら重大な事故に直結してしまいます!!!

サヤフォークの使用時は確実に取り付けを行なって、安全にフォークリフトを使用しましょう!

ピーシーエスでは、サヤフォークの販売、サヤピンの販売も行なっておりますので、お気軽にご連絡ください。

用品販売

いまお使いのツメに被せるだけで長さを延長できる便利なフォークです。

価格・詳細を見る >

サヤフォークを固定するために必要なピンです。適正なピンにて正しくサヤフォークを固定し、事故発生を防ぎましょう。

価格・詳細を見る >

ピーシーエス株式会社 埼玉営業所 瀬川正幸 本日のブログは、埼玉営業所サービス 瀬川がお届け致しました。