突然ですが、この商品をご存知ですか?
ウォーキーリフト

簡単操作で便利なウォーキーリフト

こちらはコンパクトボディでフォークリフトが入れないような狭い通路やエレベーターに乗って階上への荷役作業に最適なトヨタ製のウォーキーリフトです。
歩いて操作する電動フォークリフトなので、簡単に操作することができます。
ニチユではコーターリフトの商品名で呼ばれています。

ウォーキーリフトは年次検査の実施が必要です

electric-walkie-inspection-required
ウォーキーリフトはフォークリフトのようなヘッドガードや運転席もなく、見るからに歩行タイプの物流機器です。
そのためフォークリフトと違い年次検査などの法定点検は必要ないようにも感じますが、実はウォーキーリフトはフォークリフトと同じ扱いになります。
つまり、年次検査の実施が必要となります。

もちろん年次検査の他にも月次検査や作業開始前の日常点検も必要になります。
ウォーキーリフトをお持ちのお客様で、年次検査の実施を知らなかったために社内監査で指摘を受け、慌ててお問い合わせをいただくこともあります。

ウォーキーリフトの年次検査費用

先日も宮城県富谷市のお客様より0.9トンウォーキーリフトの年次検査の実施のご依頼をいただきました。

特定自主検査料 28,000円
法定年次証明書費用 2,200円
ショートパーツ 3,500円
出張料 ※ 8,000円
合計 41,700円

※ 出張料は最寄り営業所からの距離にて変動いたします。

フォークリフトの年次点検は労働安全衛生規則により定められていて、行わない場合は厳しい罰金がありますので、年に一度忘れずに行いましょう

パワーリフト、電動ハンドリフトも年次検査の実施が必要?

パワーリフター
こちらは走行は手動で、荷役作業の昇降を電動で行う、をくだ屋技研製のパワーリフターです。
それともう1台のこちらの商品はいかがでしょうか。
電動ハンドリフト
こちらは走行・昇降を電動で行う、スギコー製の電動ハンドリフトです。
このパワーリフターも電動ハンドリフトも物流機器と言う点ではフォークリフトと同じですが、実はこの2台はフォークリフトには含まれず、年次検査の実施は不要です。

フォークリフトとは「荷物を積載するフォークとフォークを昇降させるマストを備えた動力付荷役、運搬用車両」と定義されています。
従ってマストを持たない電動ハンドリフトやマストがあっても手動で走行するパワーリフターはフォークリフトには含まれないのです。
(※パワーリフターでも動力で荷役走行する商品もありますので注意してくださいね。)

ピーシーエスの年次検査なら安心価格とスピード対応

フォークリフトの年次検査は安くて丁寧!安心価格のPCSにお任せください。
年次点検の下見やお見積、点検実施から法定書類の提出までスピード対応いたします

フォークリフト以外の物流機器や法定点検についてもお気軽にご相談ください。
お客様のお役にたてるようご提案させていただきます!

inspection_banner1712
ピーシーエス株式会社 仙台営業所 水梨克哉 本日のブログは東北楽天ゴールデンイーグルが大好きな仙台営業所の水梨がお届けしました。

» その他のフォークリフト修理点検の記事を見る
» その他の仙台営業所の記事を見る