ピーシーエス株式会社 仙台営業所 齋藤忍

この記事を書いた人

齋藤忍

仙台営業所

皆さん、職場の安全対策はどのようにされていますか?
最近では、どの企業でも作業の安全に対する意識や取り組みが高まり危険箇所の排除・改善等の対策に取り組んでいると思います。

安全パトロールはクロスチェック

当社では『ピーシーエスは、安全・安心職場から、高品質サービスを提供し続ける。』をスローガンに掲げ活動してまいりました。
ピーシーエスで実施している安全パトロールは、該当営業所職員では気付けない不安全箇所を改善するために、他営業所員がお互いにクロスチェックで実施しています。また現場職員が行うことにより的確に危険因子を見つけていきます。
これらにより、ピーシーエスでも安全に対する取り組み・社員の意識改革へとつながっています。

2018年5月、仙台営業所 安全パトロール

先日ピーシーエス安全パトロールが実施されましたので、そちらの内容をご紹介いたします。今回は神奈川営業所から西村所長、埼玉営業所からサービスの茂呂さんに仙台営業所まで来ていただき実施いたしました。

普段何気なく行っている作業が不安全だったり、まだまだ改善が必要だと気付く事ができるのでとてもいい機会となっています。
ピーシーエスでは安全パトロールを全63項目にてチェックしていますが、ここでその一部をご紹介いたします。

①安全通路は確保できているか?


工場内において人が安全に通行できるエリアを明確に表示しています。
安全通路内には絶対に物を置かないルールが徹底されています。

②消火器の期限は適正か?


万が一に備えて工場内には消火器が設置されています。
消火器にも有効期限があり、期限が過ぎていないか必要本数設置されているかの確認です。

まだまだチェック項目はありますが、以上のような項目を一つ一つお互いの営業所をチェックし合います。
改善が必要と指摘された箇所は各営業所で対策を話し合い、30日以内に改善を実施し報告することで、速やかに安全に近づけます。

まとめ

「安全はこれでいい」という答えが無いと思いますので、常に改善を繰り返していく必要があります。ピーシーエスでは社員全員で安全に対する取り組みを積極的に行うことで自らの安全を確保しています。

ピーシーエスは今後も安全で安心な職場づくりに努めてまいります。
本日のブログは仙台営業所の齋藤がお届けいたしました。