皆さん、フォークリフトには速度制限に関する規則があることをご存知ですか?

——
(制限速度)
第百五十一条の五 事業者は、車両系荷役運搬機械等(最高速度が毎時十キロメートル以下のものを除く。)を用いて作業を行うときは、あらかじめ、当該作業に係る場所の地形、地盤の状態等に応じた車両系荷役運搬機械等の適正な制限速度を定め、それにより作業を行わなければならない。
2 前項の車両系荷役運搬機械等の運転者は、同項の制限速度を超えて車両系荷役運搬機械等を運転してはならない。
——

01

特に荷物を持ち上げている状態で速度を出してカーブを曲がろうとすると、遠心力で転倒したり、荷崩れする事故が起きてしまっては大きな損害に繋がってしまいます。
速度を守ることは荷物を安全に運ぶのはもちろんのこと運転者自身を守ることにつながります。
しかしどんなに構内制限速度を決めていても、守られなくては意味がありません。
うちのフォークリフトは本当に制限速度を守っているの?と不安に思われる安全担当者も多いでしょう。
そんな現場におすすめな商品が、今回ご紹介する「デジタルスピードセンサー」と「スピード警報装置」です。

デジタルスピードセンサーならフォークリフトの走行速度を「見える化」してくれます。

【デジタルスピードセンサー】

02

デジタルスピードセンサーの特徴
・既にお持ちの車体に後付け可能。
・メーカー、車種を問わず取り付け可能。
・荷役・運搬機器用に設計された高耐久モデル。
・設定速度の±1km/h以内の高精度検出。
・走行に入ると速度表示し、停止時に速度ボタンを押すと、走行距離表示(前後進共)します。
・1段階目で回転灯警告、2段階目でブザー警報というように警報点設定速度を2段階で設定することができます。
・スピード表示、走行距離表示、バッテリー電圧表示、スピードオーバー警報、電源降下警報など多くの機能がついています。

【スピード警報装置】

02

スピード警報装置の特徴
・既にお持ちの車体に後付け可能
・メーカー、車種を問わず取り付け可能
・荷役・運搬機器用に設計された高耐久モデル。
・設定速度の±1km/h以内の高精度検出。
・1段階目で回転灯警告、2段階目でブザー警報というように警報点設定速度を2段階で設定することができます。

速度超過による事故を防ぎ、ダウンタイムの削減、労働災害の撲滅に取り組む安全管理者の皆様、PCSではお客様の現場に合った安全用品をご提案いたします。

また【デジタルスピードセンサー】ならびに【スピード警報装置】どちらもメーカーの1年保証がついております。
万が一保証期間中に不具合や故障が発生しても無償修理で対応いたしますので、ご安心下さい。

フォークリフトのお悩みは専門店のPCSへお気軽にご相談下さい。