フォークリフトのレンタル、中古販売・買取、修理・点検ならピー・シー・エス

▶ 営業所一覧

ピー・シー・エス株式会社

フォークリフトのことなら何でも

0120-41-4ォー983さん

Q.フォークリフトの各部名称が知りたい

フォークリフト 各部名称

【フォーク】
荷物を持ち上げるために使用します。一般的にツメと呼ばれることも多いです。

【フォークレール(フィンガーバー)】
フォークを取り付けるためのレールで、
スライドさせることでフォークの間隔が調整できます。

【マスト】
フォークリフトのフォークを上下させるために必要なレールのような役割となっており
インナーマストとアウターマストに分かれています。
インナーマストを上にスライドさせることで
フォークを高く上げることができる仕組みになっています。

【リフトチェーン】
フォークを上下させるために必要なチェーンで
最大荷重の5倍の強度が必要とされています。

【リフトシリンダ】
フォークを上下するために必要な油圧シリンダです。
リフトシリンダに高圧の作動油を送り込んでピストンを作動させることにより
リフトシリンダが伸縮します。

【チルトシリンダ】
フォークの調整をする際、マスト全体を傾けるために必要な油圧シリンダです。
これでフォークのツメ先の調整を行います。
荷役走行する時はマストを後傾にして走行するので、その際にも使います。

【バックレスト】
フォークで持ち上げた荷物がマストの後方に落下するのを防ぐ役割があります。

【ヘッドガード】
万が一の落下物から運転者への危害を防ぐ役割があります。
かなりの強度で作られていて、
フォークリフトの最大荷重の2倍の強度が必要とされています。

【駆動輪(前輪)・操向輪(後輪)】
フォークリフトは操向輪(後輪)で舵取りを行います。
駆動輪(前輪)は操向輪(後輪)よりも大きいのが特徴で、動力を伝えるが役割をしています。
操向輪(後輪)は75度近くまでタイヤが切れるので、かなり小回りが利きます。

【バランスウェイト(カウンターウェイト)】
車体後部にあり、積載物とのバランスを取る役割があります。
荷役の際、荷物の重みで前に倒れないようバランスをとるための重りです。

― この回答はお役に立ちましたか?疑問・お困りごとが解消しない場合は こちらから お問い合わせください



© ピー・シー・エス株式会社 All Rights Reserved.