年末に差し掛かり、師も走る慌ただしい時期を迎えます。
ヒトもクルマも往来が増え、フォークリフトを扱う会社様でも物量も増えるなど、なにかと忙しい時期ですが、こんな時こそ、あらためて安全な作業を思い起こしてほしいとの願いから本日のブログは
フォークリフトの安全講習についてご紹介いたします。

ピーシーエスではフォークリフトを安全に使用していただくためにフォークリフトの特徴や法令、フォークリフトの取扱いから事故事例までをまとめた「フォークリフト事故撲滅マニュアル」を作成し、安全講習を実施させていただいています。

「フォークリフト事故撲滅マニュアル」は

  •  フォークリフトの基礎知識
  •  フォークリフトの法令
  •  フォークリフトの安全運転
  •  フォークリフト事故事例集

をまとめたもので、特に事故事例集は実際に起こったフォークリフトでの事故内容と原因を紹介しているほか、問題形式で原因と対策を探る内容が掲載されています。

講習と聞くだけで眠そうな感じもしますが、具体的な事故事例になるとリアル感があるのか、皆さん食い入るように目を見開いてくださいます(^O^)

フォークリフト事故撲滅マニュアルのお申込みはこちら!0120-41-4983

それでは実際に安全講習をご依頼いただいた会社様の例をご紹介いたします。

フォークリフトのメンテナンスをさせていただいている大手製造メーカー様の工場内で、安全講習を開きたいたいので、詳しく教えてほしいとご相談をいただきました。
早速、担当者が訪問し詳細をうかがうと、フォークリフトの物損・接触事故が多いため実践的な安全講習と指導を実施したいとご相談をいただきました。
同工場では全フォークリフトにスピードリミッターや回転灯も装着されており、安全にも配慮されていますが、外部講師による安全講習の実施はこれまでありませんでした。

安全講習のご希望条件は、以下の通りでした。
 ・使用しているフォークリフトは約15台、フォークリフト運転技能の有資格者は40~50人。
 ・人数が多く昼夜勤のため、外出しての講習は難しいので出張して実施してほしい。
 ・月曜の午前中で25名程度で2回に分けて実施してほしい。
 ・座学と実技の講習で、実際の運転状況をみてから指摘してほしい。

お返事はもちろん「お任せください! すべてピーシーエスで実施可能な内容です。」

安全講習は2時半の内容でしたが、受講された皆さんは真剣に聞いてくださり、質問も飛び出します。
フォークリフトの特性、安全操作を繰りかえし学ぶことで、意識が高まってくるようです。
座学を終えて、実際に使用しているフォークリフトの各部名称や点検個所などの説明にも最後まで熱いまなざしをいただきました。

forklift-safety-lecture01forklift-safety-lecture02forklift-safety-lecture03

このように、ピーシーエスの安全講習はお客様の会社や用意していただいた場所までお伺いして実施することが可能です。
安全講習の内容も担当者との打ち合わせの際、どのような教育をしたいかご相談いただければご希望に合わせた内容を準備致します!
さあ、思い立ったらすぐに計画をしてみてください!
安全講習の詳しい内容、ご要望についても気軽にお問合せください!

【フリーダイヤル】

0120-41-4983

ピーシーエス株式会社 神奈川営業所 寺窪正広 本日のブログは、
神奈川営業所の寺窪がお届けしました。

img_safeeducation_01_2