クローラーフォークリフトをお使いのみなさま、最近エンジンの回転数が上がらないアイドリングが低いそんな症状でお困りではありませんか?
つい先日も宮城県内の太陽光発電工事でクローラーフォークリフトをお使いのお客様から「エンジンのかかりが悪く、動かすとアイドリングがどんどん下がりエンジンが止まってしまう」とお問合せをいただきました。

皆さんはこの原因が何か分かりますか?

croller-forklift

その原因は燃料タンク内に水や汚れ、錆などが混入しエンジンに十分な燃料が供給できていない事が原因でした。
ということで、本日のブログは「なぜ燃料タンク内に錆が発生するのか?」「燃料タンク内に発生してしまった水や汚れを取り除く方法は?」をご紹介いたします。

なぜ燃料タンク内に錆が発生するのか?

クローラーフォークリフトの燃料タンク内が汚れてしまう原因は燃料を給油するときに起こることがほとんどです。
それは携行缶を屋外で保管している場合に発生しやすくなります。
気がつかないうちに携行缶にゴミや雨水が混入してそのまま給油するために、燃料タンクへゴミや水などが混入して汚れてしまうからです。

燃料タンク内の空気が結露して発生した水や燃料キャップのパッキンが劣化して水が混入してしまうなどの場合もありますが、発生してる錆のほとんどは、水が混入してしまったことが原因です。
この水は軽油よりも重いため燃料タンクの底にたまり内部に錆びを発生させてしまいます。

冒頭の事例も、現場に向かい燃料タンクを確認するとタンクの底が汚れていて、水が混入していました。

燃料タンク内に発生してしまった水や汚れを取り除く方法は?

stain-in-fuel-tank
燃料タンク内に発生した錆を除去するためには一度燃料タンク内を空にする必要があります。
燃料を抜き、錆取りを行います
また、燃料に混ざった不純物を取り除いてくれるフューエルフィルターも交換を行います。

冒頭の事例も、燃料タンクの清掃とフューエルフィルターを交換したところエンジンが元気に動き始めてくれました(^O^)/

補足

drain-plug
・ドレインボルトを緩める際は、勢いよく緩めるとタンクの中身がドバドバ出てきてしまい自分自身にかかってしまったり、現場が燃料まみれになってしまうので慎重にゆっくり緩めてください。
・燃料タンクの近くに作動油タンクがあります。間違えないよう気をつけてください。
・携行缶の保管はなるべく屋内で保管するようにしましょう。
・燃料を入れる時のコツとして、携行缶の底に水がたまっていることがあるので最後まで入れずに、うわずみだけ入れるよう工夫するのもよいと思います。

ピーシーエス仙台営業所ではフォークリフトのレンタルはもちろん!
フォークリフトのメンテナンスや修理なんでもおまかせです!

フォークリフトの調子が悪い…
フォークリフトを使おうと考えている…
フォークリフトのちょっと困った…
などフォークリフトで少しでもお困りのことがありましたらお気軽にフォークリフトのスペシャリスト集団ピー・シー・エス仙台営業所にご連絡下さい!

【フリーダイヤル】

0120-41-4983

ピーシーエス株式会社 仙台営業所
住所:宮城県仙台市宮城野区日の出町3-3-6
TEL:022-253-7149 FAX:022-253-7179

ピーシーエス株式会社 仙台営業所 峯岸洋文 本日のブログは宮城のとあるスペイン料理屋で海鮮パエリアを気に入った峯岸がお送りしました。