皆さま、こんにちは。
本日のブログは天井が低いなど、高さ制限のある場所でも使用可能なフォークリフトのご紹介いたします。
まずはこちらの動画をご覧ください。

フォークリフトの荷上げの機構にも種類があり、天井の低い現場ではフルフリーマストの車両が便利です。
先日もとあるお客様より、現場で資材運搬を行うためにフォークリフトをレンタルしたいので、条件に合うフォークリフトを選定して欲しいとのお問い合わせをいただき、フルフリーマストの車両をご提案させていただきました。

天井高2200ミリ、運搬物高2000ミリ

そのお客様は高さ2000ミリのコンクリートブロックの壁を搬出したく、また天井の高さが2200ミリとのことでした。
更にフォークを挿せる穴の高さは地上から約1000ミリに位置していました。
今回の案件では、コンクリートブロックを地面から高さ1000ミリ地点から運び出すため、荷物を持ったとして天井の高さ2200ミリがネックとなります。
通常のフォークリフトの場合、ツメを地面より1000ミリ地点まで上昇した場合、マスト高さ約2500ミリとなってしまします。

fullfreemast

しかし、フルフリー機能が付いたフォークリフトは何と、ツメを地面から1000ミリあげても車高が変わらないんです♪

ピーシーエスではフルフリーフォークリフトのレンタル車両を50種類以上ラインナップし、お客様のご要望に合う最適なフォークリフトをご提案いたします。
資材運搬でフォークリフトが使いたいけどどの機種を選べばいいの?
フォークリフトのお悩みがございましたら、まずピーシーエスへお電話ください。

【フリーダイヤル】

0120-41-4983

ピーシーエス株式会社 埼玉営業所 水島融 本日のブログは最近ランニングの距離がめっきり減ってしまった埼玉営業所の水島がお届けいたしました。